ライフプランニングの考え方・手法 (全20問中7問目)

No.7

ファイナンシャル・プランナーがライフプランニングに当たって作成する一般的な各種の表に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
出典:2017年5月試験 問2
  1. ライフイベントごとの予算額は現在価値で見積もり、キャッシュフロー表の作成においてはその価額を将来価値で計上する。
  2. ライフプランニング上の可処分所得は、年間の収入金額から社会保険料、所得税、住民税および生命保険料を差し引いた金額を使用する。
  3. キャッシュフロー表の作成において、収入および支出項目の変動率や金融資産の運用利率は、作成時点の見通しで設定する。
  4. 個人の資産や負債の状況を表すバランスシートの作成において、株式等の金融資産や不動産の価額は、作成時点の時価で計上する。

正解 2

解説

  1. 適切。将来発生する予定のある教育資金・レジャー費・車の購入費などの予算額は現在価値で見積り、キャッシュフロー表を作成するときは金利や物価上昇率を考慮して変動率を用いて将来価値で計上します。
  2. [不適切]。可処分所得とは、家計が自由に処分(使用)することができる所得という意味で、年間の収入金額から社会保険料、所得税、住民税を差し引いた金額のことです。
  3. 適切。キャッシュフロー表を作成する段階においては、収入や支出の変動率や金融資産の運用利率は、見通しで設定して将来価値を算出します。
  4. 適切。個人のバランスシートの作成において、金融資産や不動産の価額は取得価格ではなく、作成時点の時価で計上して現在価値を掌握する必要があります。
したがって不適切な記述は[2]です。