企業年金・個人年金等 (全24問中18問目)

No.18

確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
出典:2014年9月試験 問7
  1. 国民年金基金に加入している国民年金の第1号被保険者は、所定の金額の範囲内であれば、個人型年金にも併せて加入し、その掛金を拠出することができる。
  2. 企業年金がない企業の従業員である個人型年金加入者(第2号加入者)は、その者に支払われる給与からの天引きにより事業主経由で掛金を納付することができる。
  3. 企業型年金のいわゆるマッチング拠出において、従業員自らが拠出することができる掛金の額は、当該従業員に係る事業主掛金と同額以下、かつ、事業主掛金と合算で拠出限度額までである。
  4. 老齢給付金を60歳から受給するためには、60歳時点で確定拠出年金の通算加入者等期間が20年以上なければならない。

正解 4

解説

  1. 適切。国民年金の第1号被保険者は、国民年金基金に加入していても個人型確定拠出年金に加入することができます。ただし、掛金は2つを合わせて月額6万8千円以内に収める必要があります。
  2. 適切。個人型年金加入者(第2号加入者)の掛金の払い方には、従業員個人で払い込みをする個人払込みと、事業主が給与から天引きして払い込みをする事業主払込みがあります。
  3. 適切。マッチング拠出においては、規約で定めれば自ら拠出することもできますが、従業員が支出する掛金は、事業主掛金と同額以下、かつ、事業主掛金と合算した額が拠出限度額以下でなければなりません。
  4. [不適切]。確定拠出年金の老齢給付金を60歳から受給するためには、60歳時点で確定拠出年金の通算加入者等期間が10年以上ある必要があります。よって記述は不適切です。
したがって不適切な記述は[4]です。