ライフプラン策定上の資金計画 (全24問中14問目)

No.14

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35(買取型)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
出典:2015年5月試験 問9
  1. 融資金利は、一律ではなく、取扱金融機関がそれぞれ独自に設定している。
  2. 住宅金融支援機構のインターネットサービス「住・My Note」を利用して一部繰上げ返済を申し込む場合、返済可能な金額は100万円以上である。
  3. 融資対象となる一戸建て住宅は、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合し、かつ、床面積が50㎡以上の住宅である。
  4. 融資期間は、原則として申込者が80歳になるまでの年数と35年のいずれか短い年数が上限とされているが、下限は定められていない。

正解 1

解説

  1. [適切]。フラット35の融資金利は固定金利で各金融機関が独自に設定しています。すなわち、融資金利は金融機関ごとに異なります。よって記述は適切です。
  2. 不適切。住宅金融支援機構のフラット35の繰上げ返済は、手数料無料で金融機関の窓口を利用した場合は100万円以上、インタ―ネットからは10万円以上という最低金額の設定があります。「住・My Note」を利用すれば10万円から繰上げ返済ができます。
  3. 不適切。フラット35の融資対象は、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合し、かつ、マンションは30㎡以上、戸建住宅は70㎡以上の床面積であるなどの要件を満たさなければなりません。
  4. 不適切。フラット35の融資期間は15年以上(60歳以上は10年以上)35年以下、完済時の年齢は80歳までとなっています。
したがって適切な記述は[1]です。