ライフプラン策定上の資金計画 (全24問中23問目)

No.23

フラット35と財形住宅融資に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
出典:2013年1月試験 問9
  1. フラット35の融資限度額は、8,000万円を上限に、利用者の年収および取得住宅の建築費等により決定される。
  2. フラット35の借入金利の利率は、一律ではなく、取扱金融機関等がそれぞれ独自に決定する。
  3. 財形住宅融資は、財形貯蓄の積立期間が1年に満たない場合、利用することができない。
  4. 住宅ローンを新規に借り入れるときに、住宅金融支援機構が直接融資を行う財形住宅融資を利用する場合、フラット35と併用して利用することはできない。

正解 4

解説

この問題に対する解説はまだありません。