第三分野の保険 (全19問中19問目)

No.19

第三分野の保険の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
出典:2013年1月試験 問18
  1. 民間の保険会社の介護保険では、保険金の支払事由となる要介護状態の認定が、各保険会社所定の基準で行われるもののほかに、公的介護保険の要介護認定に連動して行われるものもある。
  2. 特定疾病保障定期保険は、一度、支払事由に該当して生前に特定疾病保険金を受け取っても、死亡時には死亡保険金が支払われる。
  3. 無選択型の医療保険の保険料の金額は、他の契約条件が同一であれば、告知や診査が必要な医療保険の保険料に比べると、割高である。
  4. ガン保険は、責任開始までに一定の不担保期間を設定しており、その期間中に被保険者がガンと診断確定した場合には、契約は無効になる。

正解 2

解説

  1. 適切。民間の保険会社の介護保険は、保険金の支払事由となる要介護状態の認定が各保険会社所定の基準で行われますが、それ以外に、公的介護保険の要介護認定に連動して行われるものもあります。
  2. [不適切]。特定(三大)疾病保障定期保険は、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中に罹患し所定の状態になったときに所定の疾病保険金が支払われますが、一度保険金を受け取ると契約は消滅します。したがって、死亡時に死亡保険金を受け取ることはできません。
  3. 適切。無選択型医療保険は、加入条件がなく告知なしに誰でも加入することができますが、そのため、他の契約条件が同一であれば、告知や診査が必要な医療保険と比べると保険料は割高になります。
  4. 適切。ガン保険は、一般的に契約から90日間の免責期間があり、この期間中にガンと診断確定した場合、この契約は無効になります。保険金の支払いもありません。
したがって不適切な記述は[2]です。