マーケット環境の理解 (全15問中12問目)

No.12

わが国の景気動向がマーケットに与える影響に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
出典:2014年5月試験 問21
  1. 一般に、景気の拡張は、国内物価の下落要因となる。
  2. 一般に、景気の後退は、国内金利の下落要因となる。
  3. 一般に、景気の拡張は、国内株価の上昇要因となる。
  4. 一般に、景気の後退は、為替相場の円安要因となる。

正解 1

解説

  1. [不適切]。景気が拡張すると、将来の雇用や所得に対する不安が減るので、消費意欲が増し、物価の上昇要因になります。
  2. 適切。景気が後退すると、将来の雇用や所得に対する不安が高まり、モノが売れなくなるので、景気回復や市場を活性化させるために金利は低くなります。
  3. 適切。景気が拡張すると、企業の業績上昇の期待に繋がるので、株価の上昇要因となります。
  4. 適切。景気が後退すると、日本ではなく外国への投資が増えるようになり、円を売って外貨を買うので円安の要因になります。
したがって不適切な記述は[1]です。