預貯金・金融類似商品 (全13問中9問目)

No.9

教育資金贈与信託に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
教育資金贈与信託は、受益者の教育資金として委託者が信託銀行等に金銭等を信託した場合に、()万円(学校等以外の教育資金の支払いに充当する場合は500万円)を限度として贈与税が非課税になる信託である。
教育資金贈与信託においては、受益者は信託の設定日において()歳未満の個人に限られ、委託者は受益者の()に限られる。
出典:2014年5月試験 問22
  1. (ア)1,500 (イ)30 (ウ)直系尊属
  2. (ア)2,000 (イ)30 (ウ)祖父母
  3. (ア)2,000 (イ)20 (ウ)直系尊属
  4. (ア)1,500 (イ)20 (ウ)祖父母

正解 1

解説

教育資金贈与信託とは、受益者の教育資金として委託者が信託銀行等に金銭等を信託するものであり、当該専用口座から教育資金として払い出す額のうち最大1,500万円について贈与税が非課税になります(直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の非課税の特例)。受益者(受贈者)は30歳未満の子や孫で、委託者(贈与者)は、受益者の直系尊属(親や祖父母)に限られます。

したがって[1]の組合せが適切です。