債券投資 (全29問中10問目)

No.10

固定利付債券の利回り(単利・年率)の計算に関する次の記述の空欄(ア)~(エ)にあてはまる計算式として、最も不適切なものはどれか。なお、手数料、経過利子、税金等については考慮しないものとする。
表面利率が0.1%、償還年限が10年の固定利付債券が額面100円当たり101円55銭で発行された。この固定利付債券の応募者利回りは()、直接利回りは()となる。また、この固定利付債券を新規発行時に購入し、3年後に額面100円当たり102円で売却した場合の所有期間利回りは()となる。さらに、この固定利付債券を発行から3年後に額面100円当たり102円で購入し、償還まで保有した場合の最終利回りは()となる。
出典:2016年9月試験 問24
  1. 24_1.gif/image-size:415×42
  2. 24_2.gif/image-size:415×25
  3. 24_3.gif/image-size:415×42
  4. 24_4.gif/image-size:415×42

正解 4

解説

債券の各種利回りは、設問で与えられた条件を以下の式に代入して求めます。
〔(ア)について〕
表面利率:0.1%、保有年数:10年、額面金額:100円、発行価格:101円55銭なので、応募者利回りを求める式は次のようになります。
したがって適切です。

〔(イ)について〕
直接利回りについては、「表面利率/購入価格×100」の式で求めます。表面利率:0.1%、発行価格:101円55銭なので、直接利回りを求める式は次のようになります。
したがって適切です。

〔(ウ)について〕
表面利率:0.1%、保有年数:3年、売却金額:102円、発行価格:101円55銭なので、所有期間利回りを求める式は次のようになります。
したがって適切です。

〔(エ)について〕
表面利率:0.1%、保有年数:7年、額面金額:100円、購入価格:102円なので、最終利回りを求める式は次のようになります。
選択肢の式は、分子部分の100と102が逆になっているので[不適切]です。