債券投資 (全30問中28問目)

No.28

下記の長期国債を発行後4年目に購入した場合の最終利回り(単利)として、最も適切なものはどれか。なお、手数料、経過利子、税金等は考慮しないものとする。
10年長期国債
発行価格
100円50銭
利率
2.0%
発行後4年目の価格
103円
償還価格
100円
出典:2013年5月試験 問25
  1. 25_1.gif/image-size:355×41
  2. 25_2.gif/image-size:355×41
  3. 25_3.gif/image-size:355×25
  4. 25_4.gif/image-size:355×41

正解 1

解説

債券の各利回りは、設問で与えられた条件を以下の式に代入して求めます。
発行後4年目で購入し償還時まで保有するので、保有期間は6年になります。設問中の各数値を式に当てはめると次のようになります。
公式が複雑なので、まず分子部分を計算します。

 2+(100-103)/6
=2+(-0.5)=1.5

求めた分子部分を分母(購入価格)で除します。

 1.5÷103=0.014564…≒1.456%

したがって[1]の式が適切です。