法人税 (全36問中1問目)

No.1

法人税の仕組みに関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
出典:2019年5月試験 問37
  1. 法人税額は、各事業年度の確定した決算に基づく当期純利益の額に税率を乗じて算出される。
  2. 期末資本金の額が1億円以下の一定の中小法人に対する法人税は、事業年度の所得の金額が年1,000万円以下の部分と年1,000万円超の部分で乗じる税率が異なる。
  3. 法人税の確定申告による納付は、原則として、各事業年度終了の日の翌日から2ヵ月以内にしなければならない。
  4. 法人は、その本店もしくは主たる事務所の所在地または当該代表者の住所地のいずれかから法人税の納税地を任意に選択することができる。

正解 3

解説

  1. 不適切。法人税の所得は、当期純利益から申告調整によって益金・損金に算入・不算入とされる項目を加算したり減算したりして算出されるので、所得と純利益は一致するとは限りません。
  2. 不適切。通常、法人税額は、課税所得に対し固定の税率を乗じて算出されますが、資本金が1億円以下の株式会社(株主はすべて個人)は所得金額のうち年800万円以下の部分について、15%(平成30年度)の軽減税率が適用されます。
  3. [適切]。法人税の確定申告書は、原則として事業年度終了の翌日から2ヵ月以内に、納税地の所轄税務署長に提出しなければなりません。なお、法人税の納付期限も同様に事業年度終了の翌日から2カ月以内となっています。
  4. 不適切。法人税の納税地は、原則として、法人の本店または主たる事業所の所在地になります。「代表者の住所地」を選択することはできません。
したがって適切な記述は[3]です。