法人税 (全34問中25問目)

No.25

下記<X社のデータ>に基づき算出されるX社の法人税の課税所得金額として、正しいものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。
37.gif/image-size:242×135
出典:2014年5月試験 問37
  1. 37_1.gif/image-size:505×12
  2. 37_2.gif/image-size:505×12
  3. 37_3.gif/image-size:505×12
  4. 37_4.gif/image-size:505×12

正解 4

解説

法人税は、当期純利益の額に益金算入・益金不算入・損金不算入・損金算入の加算・減算調整を行って求めたの課税所得金額に税率を乗じて計算します。

4つの操作のうち、当期純利益の額にプラスするのは益金算入額(300万円)と損金不算入額(500万円)で、当期純利益の額からマイナスするものは益金不算入額(200万円)と損金算入額(100万円)です。よって、当期純利益の額から課税所得金額を求める算式は、

 1,000万円+(300万円+500万円)-(200万円+100万円)=1,500万円

したがって[4]が適切です。