所得控除 (全21問中1問目)

No.1

所得税における所得控除に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
出典:2019年1月試験 問35
  1. 納税者の合計所得金額が1,000万円を超える場合、配偶者の合計所得金額の多寡にかかわらず、その納税者は配偶者控除の適用を受けることはできない。
  2. 老人控除対象配偶者とは、控除対象配偶者のうち、その年の12月31日現在の年齢が70歳以上の者をいう。
  3. 配偶者特別控除の控除額は、控除を受ける納税者の合計所得金額および配偶者の合計所得金額に応じて異なる。
  4. 婚姻の届出を提出していない場合であっても、健康保険の被扶養者となっていて内縁関係にあると認められる者は、配偶者控除の対象となる。

正解 4

解説

  1. 適切。平成30年以降は、納税者の合計所得金額が1,000万円を超える場合は、配偶者控除/配偶者特別控除のいずれも適用を受けることはできません。
  2. 適切。老人控除対象配偶者とは、控除対象配偶者のうち12月31日現在の年齢が70歳以上の者になり、控除額は48万円です。
  3. 適切。配偶者特別控除は、配偶者の合計所得金額が38万円超123万円以下の場合に適用が受けられることになり、控除額は納税者と配偶者の合計所得金額により細かく区分され、最高38万円から最低1万円になります。
  4. [不適切]。配偶者控除の対象となる配偶者は、戸籍上の配偶者である必要があり、内縁関係の者は含まれません。よって記述は不適切です。
    ちなみに社会保険では、同居等の事実があれば内縁関係であっても扶養配偶者として認められます。
したがって不適切な記述は[4]です。