税額控除 (全22問中3問目)

No.3

所得税における住宅借入金等特別控除(以下「住宅ローン控除」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
出典:2018年5月試験 問35
  1. 住宅ローン控除の適用を受けるためには、その対象となる家屋を取得した日から3ヵ月以内に自己の居住の用に供さなければならない。
  2. 住宅ローン控除の適用を受けようとする者のその年分の合計所得金額は、2,000万円以下でなければならない。
  3. 住宅ローン控除の適用を受けていた者が、住宅ローンの一部繰上げ返済を行い、借入金の償還期間が当初の借入れの日から10年未満となった場合であっても、残りの控除期間について、住宅ローン控除の適用を受けることができる。
  4. 中古住宅を取得した場合であっても、取得した日以前一定期間内に建築されたものや、一定の耐震基準に適合するものであれば、住宅ローン控除の適用の対象となる。

正解 4

解説

  1. 不適切。住宅ローン控除の適用を受けるためには、取得した日から6ヵ月以内に居住し、適用を受ける各年の12月31日までに引き続き居住の用に供していることが要件になります。
  2. 不適切。住宅ローン控除の適用を受けるためには、適用を受ける年ごとに合計所得金額が3,000万円以下でなければならない条件があります。
  3. 不適切。繰上げ返済によって住宅ローン残返済期間が10年未満となった場合は、その年以後、住宅ローン控除の適用を受けられません。
  4. [適切]。中古住宅の場合でも建築後20年(耐火建築物は25年)以内または一定の耐震基準を備えている場合は、住宅ローン控除の適用を受けられます。
したがって適切な記述は[4]です。