不動産に関する法令上の規制 (全51問中25問目)

No.25

用途地域が近隣商業地域(都道府県都市計画審議会の議を経て指定する区域ではない)に当たる下記の土地に、建築面積135㎡、延べ面積180㎡の2階建の住宅を建築する場合、この住宅の建ぺい率として、正しいものはどれか。なお、前面道路は、建築基準法第42条第2項により特定行政庁の指定を受けた道路である。また、記載のない条件については考慮しないものとする。
45.gif/image-size:485×301
出典:2015年10月試験 問45
  1. 54.00%
  2. 56.25%
  3. 67.50%
  4. 75.00%

正解 2

解説

前面道路が4m未満であるため、セットバック(道路後退)の対象宅地となります。セットバックでは、道路の中心線から2m後退した線を宅地と道路の境界線と見なすので、対象地の敷地面積を計算する際には縦方向を0.5m縮めた12mを使用します。

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合ですから、
  • 敷地面積:12m×20m=240㎡
  • 建築面積:135㎡
  • 建ぺい率:135㎡÷240㎡=56.25
したがって[2]が正解です。