不動産の取得・保有に係る税金 (全21問中21問目)

No.21

不動産の取得に係る税金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
出典:2013年1月試験 問47
  1. 個人が借地権を取得した場合、不動産取得税は課されない。
  2. 所有権移転登記に係る登録免許税は、原則として、その不動産に係る固定資産課税台帳登録価格を課税標準として課される。
  3. 個人が事業者からの譲渡により居住用建物を取得した場合、その譲渡は消費税の非課税取引とされる。
  4. 不動産売買契約書に貼付した印紙が消印されていない場合は、その印紙の額面金額に相当する過怠税が課される。

正解 3

解説

この問題に対する解説はまだありません。