相続と法律 (全39問中1問目)

No.1

遺産分割に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
出典:2019年5月試験 問54
  1. 被相続人は、遺言によって、相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。
  2. 遺産の分割は、遺産に属する物または権利の種類および性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態および生活の状況その他一切の事情を考慮して行うものとされている。
  3. 遺産の分割について、共同相続人間で協議が調わないとき、または協議をすることができないときは、各共同相続人は、その分割を家庭裁判所に請求することができる。
  4. 適法に成立した遺産分割協議については、共同相続人全員の合意があったとしても、当該協議の解除は認められない。

正解 4

解説

  1. 適切。遺産の分割は、原則として、相続が開始した後は自由にできますが、被相続人は、遺言によって相続開始の時から5年を超えない期間を定めて遺産の分割を禁じることができます。
  2. 適切。民法上、遺産の分割は、遺産に属する物または権利の種類および性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態および生活の状況その他一切の事情を考慮して行うこととされています。
  3. 適切。共同相続人において遺産分割協議が調わない場合、家庭裁判所に対して遺産分割の調停を申し立て(調停分割)、それでも合意成立しない場合、家事裁判官による審判を行い(審判分割)、遺産分割が行われます。
  4. [不適切]。遺産分割協議がすでに成立した場合でも、相続人全員の合意があれば、遺産の再分割協議をすることが認められています。
したがって不適切な記述は[4]です。