過去問道場の利用方法

出題モードについて

用途に応じた出題モードを選んで過去問学習を行えます。

[試験回を指定して出題]
選択した試験回の中から出題するモードです。
[分野を指定して出題]
金財およびFP協会が出題範囲として公開している6分野+細目の中から任意の分野を選択して出題するモードです。
[模擬試験]
1つの試験回を指定して問1から順番に出題するモードです。"オリジナル模擬試験"では、全収録問題から構成された、実際の試験の出題割合・出題順序に準じた模擬試験を解くことができます。全問題の終了後には自動で成績が表示されます。
また[半分の問題数で実施する]にチェックを入れると問題数が半分(元の問題数が60問であれば30問)で構成された模擬試験になります。(模擬試験モードは、過去問道場の開始画面からのみ実施可能です)
[今回の見直しをする]
今回(現在のセッション内)の出題中で不正解だった問題のみを出題する機能です。その日に解いた問題の見直しをしたいときや、アカウントにログインしていない状態での簡便な復習機能として利用することができます。(見直しタブは、過去問道場の1問目以降の出題設定に表示されます)

アカウントの作成(無料)について

アカウントの作成は任意ですが、作成していただくとログイン状態で解いた問題データの保存、問題のチェック付けができます(記録は1問ごと自動的に行われます)。
また以下の学習履歴機能を使用できるようになります。

ログイン後の画面
[学習履歴を見る]
全期間・今日・今月・過去7日間などの期間を指定して学習履歴データを閲覧できる機能です。また、全期間の画面では、あなたの全学習履歴から計算されたスコアにもとづく全アカウント中の順位を確認できます。
[達成度を見る]
収録されている問題全体における解いた問題の数とその割合(網羅度…%)を表で確認できる機能です。正誤履歴の集計結果から問題ごとの理解度の目安となるの3色のアイコンが表示されます。
[試験回ごとの成績を見る]
学習履歴を試験回ごとに集計したデータを閲覧できる機能です。正解率に応じて各問が色分けして表示されます。
[間違えた問題を復習する]
直近1回の出題が不正解だった問題のみを出題します。分野で出題範囲を絞ることが可能です。
[未回答問題だけを出題する]
全問題のうち解答歴がない問題のみを出題します。分野で出題範囲を絞ることが可能です。
[チェックした問題を出題する]
チェックを付けた問題のみを出題します。各問題へのチェック付けは問題文上(電卓アイコン左)の のクリックで行えます。
[アカウント管理]
パスワードリセット、学習履歴の初期化、アカウントの削除を行えます。
[ログアウト]
アカウントからログアウトします。

アカウントの作成手順

  1. まず「○○過去問道場」という見出しの右上にある
    ログイン or ユーザ登録
    を押します。
  2. 以下のパネルが表示されるので、その中の+新規登録というテキストリンクをクリックします。
    ユーザ登録
  3. 登録フォームが最前面に表示されるので、ご希望のユーザIDとパスワードの組を入力して登録ボタンを押します。
  4. 指定したメールアドレス宛てに、本人認証のためのリンクを含む仮登録メールが届きます。メール本文内のURLリンクをクリックすることで本登録が完了します。

パスワードリセットについて

パスワードを失念してしまった場合、パスワードリセット機能を利用して新しいパスワードに変更できます。パスワードリセットは、ログインパネルの下隅にある「パスワードをお忘れですか?」というテキストリンクから行えるようになっています。
入力フォームに過去問道場でお使いになっているメールアドレスを入力すると、パスワードリセットの手順が記載されたメールが届きます。記載された内容に沿ってパスワードを変更してください。