FP2級過去問題 2017年9月学科試験 問10

問10

下記<物品販売業A社の損益計算書>の勘定科目に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
10.gif/image-size:305×211
  1. 売上高は、企業の規模を推し量る数値であり、経営効率を示す指標である総資本回転率は、売上高を総資本で除した数値である。
  2. 売上原価は期首の在庫(期首商品棚卸高)と期中の商品仕入高の合計から期末の在庫(期末商品棚卸高)を差し引いたものである。
  3. 販売費及び一般管理費は、販売業務や管理業務に関して発生した費用であり、役員報酬や従業員給与はここに含まれる。
  4. 当期純利益は、税引前当期純利益から法人税等を差し引いた後の利益であり、利益効率を示す指標であるROEは、売上高に対する当期純利益の割合である。

正解 4

解説

  1. 適切。総資本(純資産+負債)に対してどれだけ売上をあげることができたのかを示す指標で、「売上高÷(純資産+負債)×100」で計算されます。
  2. 適切。売上原価は「期首棚卸高+期中仕入額-期末棚卸高」で求めます。
  3. 適切。販売費及び一般管理費には、売上を得るために要した費用のうち、売上原価に含まれないものを計上します。例えば、給与、水道光熱費、地代家賃、減価償却費、修繕費、荷造運賃などです。
  4. [不適切]。記述中の「売上高に対する」の部分が不適切です。
    ROE(自己資本利益率)は、自己資本に対する当期純利益の割合を示す指標です。
したがって不適切な記述は[4]です。