FP2級 2017年9月 実技(金財:生保)問15

【第2問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問4》~《問6》)に答えなさい。
 会社員のAさん(50歳)は、専業主婦である妻Bさん(50歳)と長男Cさん(22歳)の3人暮らしである。Aさんは、先日、生命保険会社の営業担当者であるファイナンシャル・プランナーのMさんから生命保険の見直しを勧められた。
 Aさんが加入する定期保険特約付終身保険は、長男Cさんが幼い頃に加入したもので、これまで何度か見直しの提案を受けたが、必要性を感じなかったため、加入当時の保障内容が続いている。
 Aさんは、長男Cさんが大学を卒業し、4月から社会人として働き始めたため、医療保障・介護保障などを充実させるプランであれば、保障の見直しを検討したいと思っている。また、保障内容の見直しに合わせて、公的介護保険制度について理解しておきたいと考えている。

<Aさんが現在加入している生命保険に関する資料>
保険の種類
定期保険特約付終身保険(65歳払込満了)
契約年月日
平成10年4月1日
契約者(=保険料負担者)・被保険者
Aさん
死亡保険金受取人
妻Bさん
月払保険料(口座振替)
19,437円
b1.gif/image-size:490×220
  • 更新型の特約は、平成20年4月1日に記載の保障金額で更新している。
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。