FP2級 2017年9月 実技(金財:生保)問15

【第3問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》~《問9》)に答えなさい。
 Aさん(60歳)は、X株式会社(以下、「X社」という)の創業社長である。X社は、従業員20名と規模は小さいながらも、近年、売上金額・利益金額ともに増加傾向にあり、業況は順調に推移している。
 Aさんは、後継者である長男Bさん(24歳)に事業を承継するまでの期間を10年と見込んでおり、今後10年間は引き続き社長として、X社の経営に専念する予定である。
 Aさんは、事業承継をするにあたり、生命保険についても十分な準備をしておきたいと考えている。そこで、Aさんは、生命保険会社の営業担当者であるファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。

<資料>X社が現在加入している生命保険の契約内容
保険の種類
無配当逓増定期保険(特約付加なし)
契約年月日
平成21年5月1日
契約者(=保険料負担者)
X社
被保険者
Aさん
死亡保険金受取人
X社
保険期間・保険料払込期間
73歳満了
基本保険金額
1億円
逓増率変更年度
第9保険年度
年払保険料
700万円
現時点の解約返戻金額
5,300万円
※保険料の払込みを中止し、払済終身保険に変更することができる。
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。