FP2級 2018年1月 実技(FP協会:資産設計)問40

【第10問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問35》~《問40》)に答えなさい。
会社員の杉山慎二さんは、今後の生活のことなどに関して、FPで税理士でもある有馬さんに相談をした。なお、下記のデータは2021年1月1日現在のものである。

I.家族構成(同居家族)
j1.gif/image-size:474×90
Ⅱ.杉山家の親族関係図
j2.gif/image-size:297×152
Ⅲ.杉山家(慎二さんと保子さん)の財産の状況
[資料1:保有資産(時価)]
j3.gif/image-size:511×175
[資料2:負債残高]
住宅ローン:708万円(債務者は慎二さん。団体信用生命保険が付保されている)
自動車ローン:104万円(債務者は慎二さん)

[資料3:生命保険]
j4.gif/image-size:536×105
  1. 解約返戻金相当額は、現時点で解約した場合の金額である。
  2. 終身保険Bおよび個人年金保険Cは、米ドル建ての生命保険である。
  3. 個人年金保険Cの保険金額には、便宜上、現時点の解約返戻金額を記載している。
  4. すべての契約において、保険契約者が保険料を全額負担している。
  5. 契約者配当および契約者貸付については考慮しないこと。
Ⅳ.その他
上記以外の情報については、各設問において特に指示のない限り一切考慮しないこと。