FP2級 2018年5月 実技(金財:生保)問15

【第3問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問7》~《問9》)に答えなさい。
 Aさん(55歳)は、X株式会社(以下、「X社」という)の創業社長である。X社では、Aさんを被保険者とする生命保険に複数加入しており、過去において、当時の営業担当者から勧められるがままに加入した契約もある。Aさんは、生命保険の加入目的を明確にしたうえで、生命保険の見直しをしたいと思っており、現時点において下記<資料>の生命保険契約を解約しようと考えている。
 そこで、Aさんは、生命保険会社の営業担当者であるファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。

<資料>解約を検討中の生命保険の契約内容
保険の種類
5年ごと利差配当付定期保険(特約付加なし)
契約年月日
平成15年7月1日
契約者(=保険料負担者)
X社
被保険者
Aさん
死亡保険金受取人
X社
保険期間・保険料払込期間
95歳満了
死亡保険金額
1億円
年払保険料
210万円
現時点の解約返戻金額
2,700万円(単純返戻率85.7%)
65歳時の解約返戻金額
4,800万円(単純返戻率91.4%)
※保険料の払込みを中止し、払済終身保険に変更することができる。
※単純返戻率=解約返戻金額÷払込保険料累計額×100
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。