FP2級 2018年5月 実技(金財:生保)問15

【第5問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問13》~《問15》)に答えなさい。
 Aさん(65歳)は、妻と長女の3人で首都圏にあるK市に住んでいる。2021年4月4日、故郷であるX市内の実家で1人暮らしをしていた母Cさんが死亡し、同日中に相続人全員がその相続開始の事実を知った。
 母Cさんの相続に係る相続人は、Aさんおよび妹Bさん(61歳)の2人である。母Cさんは、遺言書を作成しておらず、Aさんは妹Bさんと相談して、遺産分割を行う予定であるが、遺産分割の方法や相続税の申告等、わからないことが多い。
 なお、Aさんおよび妹Bさんは、それぞれが所有する自宅に居住しており、X市内の実家に戻る予定がないため、実家(敷地および建物)については、相続手続の終了後、売却したいと思っている。また、賃貸アパート(敷地および建物)については、Aさんが相続により取得し、貸付事業を承継する予定である。

<母Cさんの相続財産(相続税評価額)>
  1. 預貯金:1,700万円
  2. 自宅(実家)
    敷地(360㎡):5,500万円
    建物(昭和54年築):300万円
  3. 賃貸アパート(全室、賃貸中)
    敷地(300㎡):3,000万円(貸家建付地としての相続税評価額)
    建物:2,500万円
  4. 死亡保険金:1,200万円
    (契約者(=保険料負担者)・被保険者:母Cさん、死亡保険金受取人:Aさん)
  • 賃貸アパートの敷地は、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」適用前の金額である。
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。