FP2級 2019年9月 実技(金財:生保)問15

【第4問】次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。
 X社に勤務するAさんは、妻Bさん、長男Cさんおよび二男Dさんとの4人家族である。Aさんは、医薬品の購入費用について、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を受けたいと考えている。また、Aさんは、2020年中に養老保険の満期保険金と一時払終身保険の解約返戻金を受け取っている。

<Aさんとその家族に関する資料>
Aさん(54歳)
会社員
妻Bさん(50歳)
2020年中に、パートタイマーとして給与収入40万円を得ている。
長男Cさん(20歳)
大学生。2020年中に、アルバイトとして給与収入100万円を得ている。
二男Dさん(17歳)
高校生。2020年中の収入はない。
<Aさんの2020年分の収入等に関する資料>
  1. 給与収入の金額:1,040万円
  2. 養老保険(月払・30年満期)の満期保険金
    契約年月
    1990年4月
    契約者(=保険料負担者)・被保険者
    Aさん
    死亡保険金受取人
    妻Bさん
    満期保険金受取人
    Aさん
    満期保険金額
    500万円
    正味払込済保険料
    380万円
  3. 一時払終身保険の解約返戻金
    契約年月
    2015年5月
    契約者(=保険料負担者)・被保険者
    Aさん
    死亡保険金受取人
    妻Bさん
    解約返戻金額
    490万円
    一時払保険料
    500万円
  • 妻Bさん、長男Cさんおよび二男Dさんは、Aさんと同居し、生計を一にしている。
  • Aさんとその家族は、いずれも障害者および特別障害者には該当しない。
  • Aさんとその家族の年齢は、いずれも2020年12月31日現在のものである。
  • 上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。