FP2級 2021年9月 実技(FP協会:資産設計)問3

問3

経済指標について説明した下表の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。
03.gif/image-size:560×107
  1. (ア)実質 (イ)消費動向調査
  2. (ア)名目 (イ)消費動向調査
  3. (ア)実質 (イ)消費者物価指数
  4. (ア)名目 (イ)消費者物価指数

正解 3

分野

科目:C.金融資産運用
細目:1.マーケット環境の理解

解説

〔(ア)について〕
GDPには、名目GDPと実質GDPの2種類が存在します。
名目GDP
物価の変動を反映したそのときの市場価格で算出したもの
実質GDP
物価の変動による影響を取り除いたもの
(ア)は「物価の変動による影響を取り除いたもの」ですので実質GDPが当てはまります。
〔(イ)について〕
消費者物価指数は、全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等が、物価の変動によってどう変化するかを指数値で示したものです。結果は各種経済施策や年金の改定などに利用されています。したがって(イ)には消費者物価指数が当てはまります。
なお、消費動向調査は、消費者の暮らし向き、収入の増え方、雇用環境、耐久消費財の買い時、資産価値に関する考え方の変化や物価の見通しについて世帯ごとに行うアンケート調査です。

したがって[3]の組合せが適切です。