2014年1月問題の誤りについて

エンちゃんさん
(No.1)
2014年1月の問題で2点不備がございますので、ご対応お願いいたします。

1)第8問
中小企業退職共済(以下「中退共」という)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

(1)中退共に新たに加入する事業主は、加入後4ヵ月目から1年間にわたり、国から掛金月額の「金額」の助成を受けることができる。

⇒正しくは「全額」ではないでしょうか?」
(お恥ずかしながら、何度か間違えて選択してしまいました。)
⇒ほかにも、どこかにもう一ヶ所同じ誤りがありました。(具体的に示せずすみません。)

2)第56問
下記の資料に基づくA社株式の1株当たりの類似業比準価額として、最も適切なものはどれか。

⇒斟酌率は会社規模が大会社なのかどうかなど、前提条件となる記述が抜けています。
オリジナルの設問内容とのご確認を改めてお願いいたします。
2019.01.16 14:19
ミルキー@管理人
(No.2)
ご報告ありがとうございます。以下の通り訂正させていただきました。

2014年1月試験問8
×  掛金月額の金額の助成を
〇  掛金月額の全額の助成を

×  中退共に加入することができない。
〇  中退共に加入することはできない。

2014年1月試験問56
表の前に以下の部分を追加

<A社および類似業種のデータ>
A社の業種:食料品製造業
A社の会社規模:大会社
A社の1株当たりの資本金等の額:50円
2019.01.16 16:14
エンちゃんさん
(No.3)
確認いたしました。
早々のご対応に、感謝申し上げます。
2019.01.16 16:36

返信投稿用フォーム

※宣伝や迷惑行為を防止するため当サイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿番号:
パスワード: