2018年9月試験 実技[金財・生保] 問2

zetuborosuさん
(No.1)
2018年9月試験 実技[金財・生保] 問2
この問題の解説4が抜けています。
修正をお願いします。
2020.11.21 16:30
ミルキー@管理人
(No.2)
ご報告ありがとうございます。
以下の解説を追記させていただきました。

〔④について〕
小規模企業共済制度は、廃業や退職時の生活資金などのために積み立てておく個人事業主や小規模事業の経営者・役員のための「退職金制度」です。毎月の掛金は1,000円から70,000円の範囲で設定でき、その全額を所得から控除することができます。また、共済金の受取時には、一時金受取りは退職所得、分割受取りは公的年金等の雑所得として扱われるなど税制上のメリットがあります。
よって、正解は70,000(円)になります。
2020.11.21 18:33

返信投稿用フォーム

※宣伝や迷惑行為を防止するため当サイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿番号:
パスワード: