ライフプラン策定上の資金計画 (全24問中1問目)

No.1

住宅ローンの借換えを検討しているAさんが、仮に下記<資料>のとおり住宅ローンの借換えをした場合の総返済額(借換え費用を含む)に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる数値または語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、返済は年1回であるものとし、計算に当たっては下記<係数>を使用すること。また、記載のない条件については考慮しないものとする。

<資料>
[Aさんが現在返済中の住宅ローン]
  • 借入残高:1,000万円
  • 利率:年2%の固定金利
  • 残存期間:10年
  • 返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
[Aさんが借換えを予定している住宅ローン]
  • 借入金額:1,000万円
  • 利率:年1%の固定金利
  • 返済期間:10年
  • 返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
  • 借換え費用:20万円
09.gif/image-size:233×67
現在返済中の住宅ローンの年間返済額は「1,000万円×()」で求められ、借換え予定の住宅ローンの年間返済額は「1,000万円×()」で求められる。従って、住宅ローンの借換えをした場合の総返済額(借換え費用を含む)は、完済までに()する。
出典:2019年1月試験 問9
  1. (ア)0.0913 (イ)0.1056 (ウ)163万円増加
  2. (ア)0.0913 (イ)0.0956 (ウ)63万円増加
  3. (ア)0.1113 (イ)0.1056 (ウ)37万円減少
  4. (ア)0.1113 (イ)0.0956 (ウ)137万円減少

正解 3

解説

返済額に残存期間を乗じた総返済額を比較します。

本問では毎年の返済額が示されていないので、係数に用いて求めなければなりません。住宅ローンの各年の返済額を求めるには資本回収係数を用います。なぜこの係数を用いるのかというと、融資をしている金融機関側が見ると、貸し出し元本を一定利率で運用しながら一定期間にわたって返済額を受け取るからです。

[Aさんが現在返済中の住宅ローン]
残存返済期間 10年、借入金利 年2%ですので、1年あたりの返済額は、借入残高に期間10年・2%の資本回収係数を借入金残高に乗じて求められます。

 1,000万円×0.1113=111.3万円

残存期間10年の総返済額は、

 111.3万円×10年=1,113万円

[Aさんが借換えを予定している住宅ローン]
年間返済額は、上記と同様の考えで借入残高に期間10年・1%の資本回収係数を借入金残高に乗じて求められます。

 1,000万円×0.1056=105.6万円

借換え費用20万円を含む10年間の総返済額は、

 105.6万円×10年+20万円=1,076万円

借換え前と比較すると総返済額の削減効果は、

 1,113万円-1,076万円=37万円

よって[3]の組合せが適切です。