FP2級過去問題 2013年9月学科試験 問59

問59

自社株(非上場株式)を同族株主等が相続または遺贈により取得した場合の株式の評価に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、選択肢1から3において、評価会社は、いずれも特定の評価会社ではないものとする。
  1. 規模区分が大会社と判定された評価会社の株式を取得した場合、当該株式の価額は、原則として、類似業種比準方式により評価する。
  2. 規模区分が中会社と判定された評価会社の株式を取得した場合、当該株式の価額は、原則として、類似業種比準方式と配当還元方式の併用方式により評価する。
  3. 規模区分が小会社と判定された評価会社の株式を取得した場合、当該株式の価額は、原則として、配当還元方式により評価する。
  4. 土地保有特定会社または株式保有特定会社に該当する評価会社の株式を取得した場合、当該株式の価額は、原則として、類似業種比準方式と純資産価額方式の併用方式により評価する。

正解 1

解説

相続税評価額の計算において、非上場株式などの取引相場のない株式には、以下の3種類の評価方式があり、どの方式を用いるかは以下のチャートのように決定されます。
  1. [適切]。取得者が同族株主で規模が大会社の場合には、原則として、類似業種比準方式で評価します。
  2. 不適切。取得者が同族株主で規模が中会社の場合には、原則として、類似業種比準方式と純資産価額方式を併用して評価します。
  3. 不適切。取得者が同族株主で規模が小会社の場合には、原則として、純資産価額方式で評価します。
  4. 不適切。土地保有特定会社や株式保有特定会社など特定会社に該当する評価会社の株式を取得した場合、会社区分にかかわらず純資産価額方式によって評価します。
したがって適切な記述は[1]です。