FP2級過去問題 2015年1月学科試験 問22

問22

個人向け国債に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 個人向け国債は、購入最低額面金額である1万円から1万円単位で購入することができ、中途換金する場合も額面1万円単位となる。
  2. 3年満期の個人向け国債は毎月発行され、5年満期および10年満期の個人向け国債は年4回(四半期に1回)発行されている。
  3. 3年満期の個人向け国債は変動金利型で、5年満期および10年満期の個人向け国債は固定金利型であり、いずれも半年ごとに利払いがある。
  4. 個人向け国債の募集条件や中途換金時の換金金額は、取扱金融機関によって異なる。

正解 1

解説

  1. [適切]。個人向け国債は、購入最低額面金額である1万円から1万円単位で購入することができ、発行後1年経過後からいつでも額面1万円単位で中途換金が可能です。
  2. 不適切。個人向け国債は、3年満期、5年満期および10年満期の全てが毎月発行されています。
  3. 不適切。個人向け国債は、3年満期、5年満期は固定金利型、10年満期は変動金利型であり、いずれも半年ごとに利払いがあります。
  4. 不適切。個人向け国債は、取扱金融機関によって、募集条件や中途換金時の換金金額が異なることはありません。
したがって適切な記述は[1]です。