FP2級過去問題 2016年1月学科試験 問54

問54

相続人が下記の(ア)~(ウ)のとおりである場合において、それぞれの配偶者の法定相続分の組み合わせとして、正しいものはどれか。
(ア)相続人が被相続人の配偶者、長男、長女の合計3人の場合
(イ)相続人が被相続人の配偶者、父、母の合計3人の場合
(ウ)相続人が被相続人の配偶者、兄、姉の合計3人の場合
  1. (ア)1/2 (イ)1/3 (ウ)1/3
  2. (ア)1/2 (イ)2/3 (ウ)3/4
  3. (ア)1/3 (イ)2/3 (ウ)1/3
  4. (ア)1/3 (イ)1/3 (ウ)3/4

正解 2

解説

民法で定められる、相続人と法定相続分の組合せは以下のようになっています。
〔(ア)について〕
上図の「配偶者と子」のケースに該当します。この場合、配偶者の相続分は1/2になります。

〔(イ)について〕
上図の「配偶者と直系尊属」のケースに該当します。この場合、配偶者の相続分は2/3になります。

〔(ウ)について〕
上図の「配偶者と兄弟姉妹」のケースに該当します。この場合、配偶者の相続分は3/4になります。

したがって[2]の組合せが適切です。