FP2級 2016年9月 実技(FP協会:資産設計)問3

問3

各国の中央銀行に関する下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。
03.gif/image-size:560×159
  1. (ア)欧州中央銀行(ECB)
    (イ)米国財務省
    (ウ)基準割引率および基準貸付利率
  2. (ア)国際決済銀行(BIS)
    (イ)米国財務省
    (ウ)無担保コールレート(翌日物)
  3. (ア)国際決済銀行(BIS)
    (イ)連邦公開市場委員会(FOMC)
    (ウ)基準割引率および基準貸付利率
  4. (ア)欧州中央銀行(ECB)
    (イ)連邦公開市場委員会(FOMC)
    (ウ)無担保コールレート(翌日物)

正解 4

分野

科目:C.金融資産運用
細目:1.マーケット環境の理解

解説

〔(ア)について〕
欧州通貨ユーロ導入国の金融政策を担う中央銀行は、欧州中央銀行(ECB)になります。国際決済銀行(BIS)は中央銀行相互間の決済をする組織で、中央銀行からの預金の受け入れ等の銀行業務を行っています。

〔(イ)について〕
米国の金融政策を決定する最高意思決定機関は、連邦公開市場委員会(FOMC)になります。米国財務省は、通貨の受け入れ等の管理に関し責任を負う機関です。

〔(ウ)について〕
日本銀行の政策金利には無担保コールレート(翌日物)という金利が適用されます。これは、無担保で約定日に資金の受払を行い翌営業日を返済期日とするものにかかる金利のことです。基準割引率および基準貸付利率は、従来、公定歩合とよばれていたもので、以前に適用されていた政策金利です。

したがって、適切な組合せは[4]です。