FP2級過去問題 2017年1月学科試験 問57

問57

Aさんの死亡に伴い、Aさんが契約者(=保険料負担者)および被保険者である生命保険契約に基づき、妻が1,200万円、長女が300万円の死亡保険金を受け取った。法定相続人は、妻および長女の2人で、上記以外に死亡保険金を受け取った者はいない。また、長女は相続の放棄をしている。この場合、妻と長女が受け取った死亡保険金の金額のうち、相続税における生命保険金等の非課税規定(相続税法第12条の「相続税の非課税財産」の規定)の適用を受けた場合の各人の非課税金額として、最も適切なものはどれか。
  1. 妻1,000万円 長女200万円
  2. 妻1,000万円 長女は適用なし
  3. 妻 800万円 長女200万円
  4. 妻 800万円 長女は適用なし

正解 2

解説

死亡保険金の非課税限度額は「500万×法定相続人の数」になります。

長女は相続の放棄をしていますが、相続税額の計算上は、その放棄はなかったものとして法定相続人の数に含めて計算します。法定相続人は妻、長女の2名になるので計算により1,000万円になります。ただし、長女は相続を放棄しており非課税枠の適用がされませんので妻だけに1,000万円の非課税枠が適用されることになります。

したがって[2]の組合せが適切です。