FP2級 2017年1月 実技(金財:生保)問15

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問15

Aさんの相続等に関する次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「仮に、妻Bさんが『特定居住用宅地等』に該当する自宅の敷地(330㎡)と『貸付事業用宅地等』に該当する賃貸ビルの敷地(400㎡)を相続により取得した場合には、それぞれの適用対象面積(730㎡)まで『小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例』の適用を受けることができます」
  2. 「現時点(平成29年1月22日)において、Aさんの相続が開始した場合、妻Bさんが受け取る死亡保険金のうち、相続税の課税価格に算入される金額は500万円となります」
  3. 「契約者および死亡保険金受取人を長男Cさん、被保険者をAさんとする終身保険に加入し、長男Cさんが負担する保険料相当額の現金をAさんが贈与することも検討事項の1つです。納税資金の確保に加えて、二男Dさんに対する代償交付金の準備もできます」

正解 
××

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:4.相続と税金

解説

この問題に対する解説はまだありません。