FP2級 2017年5月 実技(FP協会:資産設計)問40

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。
【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問40

啓二さんは、母の春子さん(83歳)が体調を崩すことが多くなったため、医療費や介護費用についてFPの桑原さんに相談をした。桑原さんが後期高齢者医療制度および介護保険制度の自己負担割合等について説明する際に使用した下表の空欄(ア)~(エ)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
40.gif/image-size:560×228
  1. 空欄(ア)にあてはまる語句は、「医療費の2割」である。
  2. 空欄(イ)にあてはまる語句は、「サービス利用料の2割」である。
  3. 空欄(ウ)にあてはまる語句は、「1ヵ月(同一月)」である。
  4. 空欄(エ)にあてはまる語句は、「1年間(8月~翌年7月末)」である。

正解 1

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:4.社会保険

解説

  1. [不適切]。後期高齢者医療制度は75歳以上の人が対象となります。75歳以上の人で、現役並み所得者は医療費の3割が自己負担額となります。
  2. 適切。介護保険の自己負担額は原則1割ですが、介護保険第1号被保険者のうち所得が一定の以上の人については自己負担額が2割となります。
    平成30年(2018年)8月から、所得の多い高齢者については自己負担が2割または3割に引き上げられています。この解説は試験実施時の法令に基づいて説明しているので注意してください。
  3. 適切。高額療養費制度とは、同一月(1日~末日)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、申請によって後で払い戻される制度です。
  4. 適切。高額介護合算療養費制度は、世帯内の同一の医療保険の加入者の方について、毎年8月から翌年7月末の1年間にかかった医療保険と介護保険の自己負担額が基準額を超える場合に、その超えた金額が支給される制度です。
したがって不適切な記述は[1]です。