FP2級 2017年9月 実技(FP協会:資産設計)問35

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問35

和博さんは、自分が死亡した場合の家族の生活資金となる金融資産についてFPの谷口さんに質問をした。<設例>および下記<条件>に基づき、和博さんが現時点(平成29年9月1日時点)で不慮の事故で即死した場合の家族の金融資産の合計額として、正しいものはどれか。なお、税金については一切考慮しないこと。また、和博さんの死亡により、保険契約が消滅しない生命保険契約については、和博さんの死亡後にすべて解約するものとする。

<条件>
  • 和博さんが現時点(平成29年9月1日時点)で死亡した場合に支払われる死亡退職金(一時金):1,600万円
  • 和博さんが現時点(平成29年9月1日時点)で死亡した場合の家族の金融資産の合計額の計算式:
    死亡時に宇野家(和博さんと泰子さん)が保有している金融資産+死亡退職金(一時金)+死亡により支払われる死亡保険金+生命保険の解約返戻金-返済すべき債務
  • その他の記載のない条件は、一切考慮しないこと。
  1. 8,360万円
  2. 9,310万円
  3. 9,360万円
  4. 10,340万円

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:3.ライフプランニングの考え方・手法

解説

この問題に対する解説はまだありません。