FP2級 2017年9月 実技(FP協会:資産設計)問35

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問35

和博さんは、自分が死亡した場合の家族の生活資金となる金融資産についてFPの谷口さんに質問をした。<設例>および下記<条件>に基づき、和博さんが現時点(平成29年9月1日時点)で不慮の事故で即死した場合の家族の金融資産の合計額として、正しいものはどれか。なお、税金については一切考慮しないこと。また、和博さんの死亡により、保険契約が消滅しない生命保険契約については、和博さんの死亡後にすべて解約するものとする。

<条件>
  • 和博さんが現時点(平成29年9月1日時点)で死亡した場合に支払われる死亡退職金(一時金):1,600万円
  • 和博さんが現時点(平成29年9月1日時点)で死亡した場合の家族の金融資産の合計額の計算式:
    死亡時に宇野家(和博さんと泰子さん)が保有している金融資産+死亡退職金(一時金)+死亡により支払われる死亡保険金+生命保険の解約返戻金-返済すべき債務
  • その他の記載のない条件は、一切考慮しないこと。
  1. 8,360万円
  2. 9,310万円
  3. 9,360万円
  4. 10,340万円

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:3.ライフプランニングの考え方・手法

解説

<条件>を見ながら家族の金融資産の合計額の計算式に必要な項目を計算していきます。

[死亡時に宇野家(和博さんと泰子さん)が保有している金融資産]
設例の資料1より、2,890+300+200=3,390万円

[死亡退職金(一時金)]
設問中の<条件>より、1,600万円

[死亡により支払われる死亡保険金]
被保険者が和博さんになっている定期保険A、終身保険B、個人年金保険Eが対象となります。
定期保険A
保険金額1,000万円のほかに(注2)の災害割増特約は不慮の事故で180日以内に死亡・高度障害になった場合に主契約に上乗せして支払われるため、付加されている1,000万円も支払い対象です。
・1,000+1,000=2,000万円
定期保険B
終身保険部分と定期保険部分が対象です。
・300+1,500=1.800万円
変額個人年金保険E
(注3)に、積立金相当額と500万円のいずれか大きい金額が支払われるとあります。積立金相当額は450万円で一時払保険料相当額500万円のほうが大きいため、支払われる保険金は500万円です。
3つを合わせると、2,000+1,800+500=4,300万円

[生命保険の解約返戻金]
和博さんの死亡により保険契約が消滅しない保険契約には定期保険Cと定期保険Dが該当し、和博さん死亡時点での解約返戻金額は、終身保険Cが720万円、終身保険Dが450万円です。2つを合わせると「720+450=1,170万円」です。

[返済すべき債務]
債務者である和博さんであるアパートローンは団体信用生命保険が付されていないため、遺族が返済していく必要がある債務です。また、自動車ローンも返済すべき債務です。2つを合わせると「980+120=1,100万円」です。

計算式に従い下線を引いた金額を全て合算すると、

 3,390+1,600+4,300+1,170-1,100=9,360万円

したがって[3]が正解です。