FP2級 2018年1月 実技(FP協会:資産設計)問23

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問23

キャッシュフロー表を作成するうえでは、収入や支出などの変動率や金融資産の運用利回りの予測が重要である。運用利回り等の変動に影響を与える要因についての次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 消費者物価指数の算出では、消費税率の引上げがあっても増税分を差し引いて計算し、結果に影響しないようになっている。
  2. 為替が円安になると、輸入物価を押し上げる要因となり得る。
  3. 変動金利型住宅ローンの適用金利は、短期プライムレートを基準にする金融機関が主流である。
  4. 新発10年長期国債利回りは、国内長期金利の代表的な指標である。

正解 1

分野

科目:C.金融資産運用
細目:1.マーケット環境の理解

解説

この問題に対する解説はまだありません。