FP2級 2018年5月 実技(FP協会:資産設計)問2

問2

「金融商品の販売等に関する法律(金融商品販売法)」に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。
  • 金融商品販売業者が重要事項の説明を怠り、そのために顧客に損害が生じた場合、顧客は損害賠償を請求することができ、その場合()が損害額として推定される。
  • 顧客が個人であり、その顧客から重要事項の説明は不要であるという申出があった場合、金融商品販売業者は、原則として重要事項の説明を()。
  1. (ア)元本額 (イ)省略することができる
  2. (ア)元本額 (イ)省略することができない
  3. (ア)元本欠損額 (イ)省略することができる
  4. (ア)元本欠損額 (イ)省略することができない

正解 3

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:2.ファイナンシャル・プランニングと関連法規

解説

〔(ア)について〕
金融商品販売業者が、重要事項の説明を怠ったり不確実な事項に関し断定的な判断を下したりして顧客に損害が発生した場合、顧客は損害賠償を請求することができます。損害賠償の請求にあたっては、払込額から受取額を差し引いた元本欠損額が損額額と推定されます。

〔(イ)について〕
金融商品販売業者は顧客に対し元本欠損のリスクなどの重要事項に関して説明しなければなりませんが、顧客から重要事項の説明は不要であるという意思の表明があった場合は、一部の金融商品の販売を除き、原則として重要事項の説明を省略することができます

したがって[3]の組合せが正解です。