FP2級 2018年5月 実技(FP協会:資産設計)問36

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問36

<設例>の[資料4]に基づいて計算した、2017年分の圭一さん(妹尾商店)の事業所得の金額として、正しいものはどれか。
  1. 615万円
  2. 680万円
  3. 735万円
  4. 855万円

正解 1

分野

科目:D.タックスプランニング
細目:3.各種所得の内容

解説

事業所得の金額は、「総収入金額-必要経費」で算出します。

〔総収入金額〕
売上金額の10,400万円が該当します。

〔必要経費〕
必要経費とは、収入を得るために直接必要な売上原価や販売費、管理費その他費用のことです。設例では、売上原価、利子割引料、減価償却費、その他の必要経費が該当します。
また税務上、適正な額と見なされれば青色事業専従者給与の全額を必要経費に算入することができます。さらに本問では青色申告特別控除を受けることができるので、所得金額から65万円を控除できます。

よって必要経費の合計は、
 8,040+280+120+1,040+240+65=9,785万円

以上より事業所得の金額は、

 10,400万円-9,785万円=615万円

したがって[1]が正解です。