FP2級 2019年5月 実技(FP協会:資産設計)問5

問5

西山さんはHE投資信託を新規募集時に500万口購入し、特定口座(源泉徴収口座)で保有して収益分配金を受け取っている。下記<資料>に基づき、西山さんが保有するHE投資信託に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる数値の組み合わせとして、正しいものはどれか。

<資料>
[HE投資信託の商品概要(新規募集時)]
投資信託の分類:追加型国内公募株式投資信託
決算および収益分配:年1回
申込価格:1口当たり1円
申込単位:1万口以上1口単位
購入時手数料(税込み):購入金額1,000万円未満 2.70%、購入金額1,000万円以上 2.16%
運用管理費用(信託報酬)(税込み):純資産総額に対し年1.620%
信託財産留保額:1口につき解約請求日の翌営業日の基準価額に0.3%を乗じた額

[西山さんが保有するHE投資信託の収益分配金受取時の運用状況(1万口当たり)]
収益分配前の個別元本:10,000円
収益分配前の基準価額:13,000円
収益分配金:2,000円
収益分配後の基準価額:11,000円
  • 西山さんが、HE投資信託を新規募集時に500万口購入した際に、支払った購入時手数料(税込み)は()円である。
  • 西山さんが保有するHE投資信託の収益分配金受領後の個別元本(1万口当たり)は()円である。
  1. (ア)108,000 (イ)8,000
  2. (ア)108,000 (イ)10,000
  3. (ア)135,000 (イ)8,000
  4. (ア)135,000 (イ)10,000

正解 4

分野

科目:C.金融資産運用
細目:3.投資信託

解説

〔(ア)について〕
1口当たり1円なので、500万口の購入価格は500万円です。購入金額1,000万円未満では、購入金額の2.70%が購入時手数料となるので、

 5,000,000円×2.7%=135,000

〔(イ)について〕
株式投資信託の収益分配金には普通分配金元本払戻金特別分配金)の2種類があり、その区別は個別元本と分配落ち後の基準価額の関係で決まります。具体的には、下図のように分配落ち後の基準価額に収益分配金を足したときに、個別の元本を上回る部分が「普通分配金」となり、それ以外の部分は「特別分配金」となります。
左図のように普通分配金だけの場合には個別元本の額は変化しませんが、右図のように特別分配金が支払われた場合には収益分配後の個別元本の額は特別分配金の額だけ減ることになります。

本問では「収益分配後の基準価額>収益分配前の個別元本」なので、収益分配金のすべてが普通分配金になります。
  • 普通分配金=2,000円
  • 特別分配金=0円
収益分配後の個別元本は、「収益分配前の個別元本-特別分配金」で計算しますが、本問では特別分配金が0円なので、収益分配後の個別元本は収益分配前と変わらず10,000円のままです。

よって[4]の組合せが正解です。