FP2級 2019年9月 実技(FP協会:資産設計)問5

問5

財形貯蓄制度に関する下表の空欄(ア)~(エ)にあてはまる語句に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、復興特別所得税については考慮しないこと。
05.gif/image-size:560×402
  1. (ア)にあてはまる語句は「満55歳」である。
  2. (イ)にあてはまる語句は「3年」である。
  3. (ウ)にあてはまる語句は「385万円」である。
  4. (エ)にあてはまる語句は「積立開始時からの利息相当分すべてが一時所得として総合課税扱いとなる」である。

正解 2

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:6.企業年金・個人年金等

解説

  1. 適切。財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄ともに、満55歳未満の者が加入対象となります。
  2. [不適切]。財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄ともに、5年以上の期間にわたって定期的に積み立てる必要があります。
  3. 適切。財形年金貯蓄と財形住宅貯蓄を合算して550万円までが非課税となりますが、財形年金貯蓄のみの場合は払込保険料累計額385万円までが非課税になります。
  4. 適切。財形年金貯蓄の保険型は、年金や住宅取得以外の目的で払い出した場合、積立開始時からの利息相当分すべてが一時所得として総合課税扱いとなります。
したがって不適切な記述は[2]です。