FP2級 2020年9月 実技(金財:個人)問5

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問5

Mさんは、Aさんに対して、米国の経済指標等について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「米国のISM製造業景況感指数は、製造業の購買・供給管理責任者を調査対象にした企業の景況感を反映した指標です。通常、当該指数が100%を上回ると景気拡大、100%を下回ると景気後退と判断されます」
  2. 「米国の雇用統計は、米国の労働省から四半期ごとに発表される指標です。非農業部門雇用者数や失業率などの数値は、株式市場や為替市場などの市場参加者が注視する重要な経済指標です」
  3. 「米国の政策金利は、連邦準備制度理事会(FRB)が開催する連邦公開市場委員会(FOMC)により決定されます。2019年は、米国景気の堅調さを反映し、3回の利上げを行っています」

正解 
×××

分野

科目:C.金融資産運用
細目:13.金融資産運用の最新動向

解説

  1. ×不適切。米国のISM製造業景況感指数は製造業約350社の仕入れ担当役員にアンケート調査を実施して発表される企業の景況感を反映した指標です。この指数が50%を超えれば景気拡大、下回ると景気後退を示しています。基準値は100%ではありません。
  2. ×不適切。米国の雇用統計は、アメリカの雇用情勢を示す統計で、景気状況を探るうえで最も重要な指標のひとつで、原則、毎月第1金曜日にアメリカ労働省から発表されます。非農業部門雇用者数と失業率はアメリカの景気の実体を表す最新の数値として、外国為替、株式、金利などのマーケットにも影響を与えるため市場関係者が注視しています。四半期ごとの発表ではなく毎月発表です。
  3. ×不適切。米国の政策金利は、連邦準備制度理事会(FRB)が開催する連邦公開市場委員会(FOMC)により決定されて年8回開かれています。2019年は、景気悪化に先手を打つ目的で3回の利下げを行っています。