FP2級 2020年9月 実技(金財:生保)問3

【この問題にはが用意されています。読んでから回答してください。】

問3

最後に、Mさんは、Aさんに対して、企業型年金について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
  1. 「マッチング拠出により、Aさんが拠出することのできる掛金の額は、事業主掛金の額にかかわらず、拠出限度額からAさんに係る事業主掛金の額を差し引いた額となります」
  2. 「マッチング拠出により、Aさんが拠出する掛金は、その2分の1相当額が小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となります」
  3. 「企業型年金は、将来の年金受取額が企業の指図に基づく運用実績により左右される年金制度であり、年金受取総額は最低保証されています」

正解 
×××

分野

科目:A.ライフプランニングと資金計画
細目:6.企業年金・個人年金等

解説

  1. ×不適切。マッチング拠出では、加入者掛金は事業主掛金との合計で拠出限度額以下、かつ事業主掛金の額を超えることができません。
    ※マッチング拠出とは、企業型確定拠出年金で、事業主が拠出する掛金に加えて、加入者本人が掛金を上乗せして拠出する仕組みです。
  2. ×不適切。マッチング拠出の加入者掛金は給与から控除され、支払った掛金は全額が小規模企業共済等掛金控除の対象になります。
  3. ×不適切。確定拠出年金は、年金資産を加入者自身が運用し、その運用実績に応じて年金額が決定される仕組みになっています。個人型年金(iDeCo)と同じで、確定拠出年金の企業型年金も運用の結果はあくまで従業員の自己責任であり、年金受取総額の最低保証はありません。