FP2級過去問題 2021年9月学科試験 問60

問60

会社法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 公開会社とは、その発行する全部または一部の株式に譲渡制限のない株式会社のことであり、金融商品取引所に上場することが義務付けられている。
  2. 株式会社は、設立時に最低資本金額として100万円が必要である。
  3. 株式会社が取締役会を設置する場合、2人以上の取締役を置かなければならない。
  4. 株式会社が特定の株主から自己株式を有償で取得する場合、株主総会の特別決議が必要となる。

正解 4

問題難易度
肢114.7%
肢211.9%
肢322.8%
肢450.6%

解説

  1. 不適切。会社法における「公開会社」とは発行する全部または一部の株式に譲渡制限のない株式会社のことです。公開会社と上場会社は同一ではなく、上場することも義務付けられていません。
  2. 不適切。2006年(平成18年)の新会社法施行以降は、株式会社の最低資本金の規制はありません。そのため、資本金1円でも株式会社を設立することができます。
    昔は株式会社は1,000万円、有限会社は300万円の最低資本金が必要でした。
  3. 不適切。取締役会を設置する株式会社は、取締役を3人以上置くこととしています。また、取締役以外に監査役も置く必要があります。
  4. [適切]。株式会社はすべての株主を対象として自己株式を取得するほか、特定の株主から自己株式を取得することもできます。特定の株主から有償で自己株式を取得する場合、株主総会での特別決議が必要です。
したがって適切な記述は[4]です。