FP2級 2021年9月 実技(FP協会:資産設計)問21

問21

近藤栄子さん(59歳)は、2021年9月に夫から居住用不動産(財産評価額2,450万円)の贈与を受けた。栄子さんが贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合の2021年分の贈与税額として、正しいものはどれか。なお、2021年においては、このほかに栄子さんが受けた贈与はないものとする。また、納付すべき贈与税額が最も少なくなるように計算すること。
21.gif/image-size:560×403
  1. 41万円
  2. 43万円
  3. 70万円
  4. 920万円

正解 2

分野

科目:F.相続・事業承継
細目:2.贈与と税金

解説

配偶者から居住用不動産またはその購入資金を贈与され、一定の要件のもとに贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合、暦年課税の基礎控除額110万円とは別に最高限度2,000万円を控除することができます。

合わせて2,110万円の控除を受けることができるため、控除後の課税価格は、

 2,450万円-2,110万円=340万円

贈与者である夫は受贈者の直系尊属ではないため、<贈与税の速算表>の(ロ)を使用して贈与税額を計算します。

 340万円×20%-25万円=43万円

したがって[2]が正解です。