FP2級過去問題 2013年9月学科試験 問53

問53

民法における相続人等に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 被相続人の嫡出子は被相続人に対して相続権を有するが、被相続人の非嫡出子は相続権を有しない。
  2. 特別養子となった者は、養親および実親の両方に対して相続権を有する。
  3. 被相続人の兄弟姉妹は、被相続人に子(その代襲相続人を含む)も直系尊属もいない場合に、被相続人の相続人となる。
  4. 相続人の欠格事由に該当した者の直系卑属には、代襲相続は認められない。

正解 3

解説

この問題に対する解説はまだありません。