FP2級過去問題 2013年9月学科試験 問54

問54

民法で規定する相続分に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。
  1. 相続人が被相続人の配偶者、長男、長女、二男の合計4人である場合、長男、長女、二男の法定相続分はそれぞれ6分の1である。
  2. 養子の法定相続分は、実子の法定相続分の2分の1である。
  3. 相続人が被相続人の配偶者、孫(相続開始時において死亡している長男の子)の合計2人である場合、孫の代襲相続分は4分の1である。
  4. 相続の放棄をした者が受けるべきであった法定相続分は、その者以外の相続人に均等に分配される。

正解 1

解説

この問題に対する解説はまだありません。