FP2級過去問題 2014年1月学科試験 問28

ご注意ください。
法令改正により、この問題の記述は現行の内容と異なっている可能性があります。

問28

外貨預金および外貨建てMMFの特徴についてまとめた下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
28.gif/image-size:557×142
  1. (ア)円高
    (イ)非課税
    (ウ)いつでも換金できるが、買付後30日未満の解約は信託財産留保額が徴収される
  2. (ア)円高
    (イ)譲渡所得として総合課税
    (ウ)いつでも換金でき、信託財産留保額は徴収されない
  3. (ア)円安
    (イ)譲渡所得として総合課税
    (ウ)いつでも換金できるが、買付後30日未満の解約は信託財産留保額が徴収される
  4. (ア)円安
    (イ)非課税
    (ウ)いつでも換金でき、信託財産留保額は徴収されない

正解 4

解説

〔(ア)について〕
外貨預金および外貨建てMMFともに換金時に購入時より円安になっていれば為替差益を生じることになります。

例) 購入時 1ドル100円で10,000ドル購入
換金時円安になり1ドル110円だと、1,100,000円
換金時円高になり1ドル90円だと、900,000円

〔(イ)について〕
外貨建てMMFの譲渡益は為替差益も含めて非課税になります。
※外貨建てMMFの売却益については、2015年までは非課税でしたが、2016年からは上場株式等と同じように20.315%の申告分離課税になりました。本解説は試験実施時の法令を基にしていますのでご注意ください。

〔(ウ)について〕
外貨建てMMFは、いつでも中途解約して換金できます。また解約の際に信託財産留保額は徴収されません

以上より、[4]の組合せが適切です。