FP2級過去問題 2014年5月学科試験 問32

問32

Aさんの平成25年分の所得の金額が下記のとおりであった場合の総所得金額として、最も適切なものはどれか。なお、記載のない事項については考慮しないものとする。
給与所得の金額
300万円
不動産所得の金額
120万円
一時所得の金額
60万円
退職所得の金額
100万円
  1. 420万円
  2. 450万円
  3. 480万円
  4. 580万円

正解 2

解説

総所得金額とは、①事業所得、不動産所得、給与所得、総合課税の利子所得・配当所得・短期譲渡所得及び雑所得の合計額(損益通算後の金額)と、②総合課税の長期譲渡所得と一時所得の合計額(損益通算後の金額)の2分の1の金額の合計に、退職所得金額及び山林所得金額を加算した金額です。

つまり、本問の4つの所得のうち総所得金額の算出にかかわるのは、給与所得、不動産所得、一時所得の3つです。一時所得は、その額の2分の1を総所得金額に算入します。

 300万円+120万円+(60万円×1/2)=450万円

したがって[2]が正解です。