FP2級過去問題 2014年9月学科試験 問10

問10

中小企業の資金調達に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。
  1. 金融機関からの資金調達の手段には、手形貸付、証書貸付および当座貸越などがある。
  2. 第三者割当増資は、特定の既存株主に限定して新株引受権を与え、新たに株式を発行して資金を調達する方法である。
  3. 社債には、不特定多数の投資家を対象として募集する公募債と、特定少数の投資家が直接引き受ける私募債がある。
  4. 資金調達は、月次ベースでの資金繰りだけを考慮しても、月の途中で一時的に資金不足となることもあるため、日次ベースの資金繰りも考慮したうえで行う必要がある。

正解 2

解説

  1. 適切。金融機関からの資金調達方法としては、手形貸付、証書貸付、当座貸越などがあります。
  2. [不適切]。第三者割当増資は、既存株主であるか否かに関係なく、特定の第三者に新株引受権を与え、新株式を発行して資金を調達する方法です。よって記述は不適切です。
  3. 適切。社債には、不特定多数の投資家を対象にする公募債と、金融機関等の特定の投資家を対象にする私募債があります。
  4. 適切。企業の資金調達は、月の途中での資金不足になるのを防ぐために、月次ベースだけでなく日次ベースの資金繰りも考慮して行う必要があります。
したがって不適切な記述は[2]です。